世界各地で作られるウイスキー

お酒買取りに出す前に、自分の家に眠っているウイスキーが価値のあるものかどうか知りたいという人も多いのでは?
…ということで、ウイスキーの種類や人気の銘柄についてまとめてみました。
もしここで紹介するウイスキーを持っているのであれば、いいお値段で買い取ってもらえるはずです。

ウイスキーの種類を語るときに外せないのが、産地です。
人気のウイスキーが作られるのは主に下記の国で、”5大ウイスキー”と呼ばれています。
それぞれ原料や蒸留方法によってさらに細分化することが可能。
そして何よりも、多くのウイスキー好きを虜にしています。

5大ウイスキー
  • スコットランド
  • アイルランド
  • アメリカ
  • カナダ
  • 日本



画像引用元:http://www.suntory.co.jp/whisky/flight/20160526.html


例えば、スコットランド産のウイスキーはスコッチなどと呼ばれ、モルトやグレーンといったタイプがあります。
これは日本のものも同じ。
アメリカはバーボンやテネシーが有名ですね。

タイプというのは、原材料などによって分けられます。
モルトはその名の通り麦芽を原料としていて、グレーンは主にトウモロコシを原料としています。
アメリカ産のバーボンやテネシーは土地名から名付けられ、タイプ分けされることがあるので覚えておきましょう。

買取りで人気のウイスキー銘柄を紹介

ウイスキーも他のお酒と同様に、人気の銘柄が存在しています。
一番有名でお酒買取り市場でも評価が高いのが、「ザ・マッカランです。

シングルモルト・ウイスキーの代表的存在であるこのマッカランは、人気だけではなく味も抜群。
非常に質が高く、ウイスキー好きで嫌いな人はいないでしょう。
ボウモアも大人気の銘柄の一つで、スコットランドで作られたアイラモルト・ウイスキーの中でも非常に人気の高いお酒。
とてもバランスがよく、食べ物とも相性のいいウイスキーと言われています。

小さい岬という意味を持つアードベッグも、とても人気の高いウイスキーです。
スモーキーさが特徴で、クセになる味わいとはまさにこのアードベッグのことではないでしょうか。
歴史もありますし、それだけにお酒の買取り市場でも高い値段がつけられることの多い銘柄となっています。

その他では、スコッチ・ウイスキーの一つでシングルモルトのグレンフィディックや、ジャパニーズの山崎などが人気の銘柄として挙げられるでしょう。
竹鶴も高価買取が期待できるウイスキーの一つで、日本が誇るモルト・ウイスキーの代表格

これらが手元にもしあるなら、お酒買取りへ出してみるのも良い選択なのかもしれません。
もっと詳しく知りたい方はお酒の買取価格や特徴についてまとめてあるサイトを見てみるといいでしょう。