まさかのびっくり!100万円超え!

ウイスキーの銘柄でどれが一番買取り価格が高いかという質問があれば、多くのウイスキー好きやお酒買取り店の人はザ・マッカランと答えるのではないでしょうか。
このお酒はそれほど高価であり、買取り店の多くが探し求めている銘柄の一つです。

お酒の買取り価格で100万円を超えるものがあるなんて信じられますか?
ワインでもごくごくわずかしかないのに、ウイスキーにはそれが存在しているんです。
もちろんマッカランですよ。

50年以上の熟成年数を誇るものは、もれなく高い!
例えば、55年もののシックスピラーズコレクションは100万円を大きくオーバーし、お店によっては130万円ほどで買い取ってもらえます。
これが市場に流れれば300万円以上するのかもしれません。
これほど高級なお酒にはケースやギャランティーカードなどが付属されているんですけど、これらが揃っていれば100万円超えは確実ですね。

50年もののミレニアムや、同じく50年ものの1949年 バカラデキャンタも100万円超えは必至。
後者は限定160本の代物で、入れられているケースも独特。
全て揃っていれば110万円以上するかもしれません。
よくわからないけど格好いい木製のケースに入っているウイスキーが家に置いてあるなら、すぐにお酒買取り専門店へ持って行って査定してもらいましょう!


画像引用元:http://topics.blog.suntory.co.jp/004231.html

まだまだある高価買取が期待できるマッカラン

マッカランが全て100万円超えで買い取ってもらえるわけではありません。
それよりも安い買取り価格のウイスキーの方が多いんですけど、それでもやっぱり他の銘柄とは一線を画しています。
どれもかなり高い!これだけは間違い無いでしょう。

さすがに100万円には届かないですけど、1946年の52年ものは70万円から80万円ほどはするようです。
50万円以上しそうなのが1976年のファイン&レア
30万円以上の金額で買い取ってもらえそうなものには30年もののシェリーオーク ブルーラベル1948 セレクトリザーブなどがありますね。

そこまではいかないものの、20万円超えがほぼ確実なものを挙げると下記のようなものがあります。
40年ものも20万円前後で買い取ってもらえるでしょう。

20万円超えがほぼ確実なもの

 

  • 「Mデキャンタ」
  • 30年ものの「ファインオーク」
  • 同じく30年ものの「シェリーオーク」
  • 「No.6 1824 ラリックボトル」
  • 「MOP マリオ・テスティーノエディション」

 

数十万円以上で買い取ってもらえそうなお酒がこれだけの種類あるのは本当に珍しいです。
さすがマッカランといったところですね。
10万円以上はもちろん、数万円程度なら、もう無数にあると言ってもいいこの銘柄。

ここに名前が挙がっていないものでも、マッカランならかなりの高額買取りが期待できますから、早速買取りに出すための準備に取り掛かることをオススメします。